本文へ移動
グレードを感じさせるタイルと、ガルバリウムの部分使いでデザイン的に仕上がった外観。アール(曲線)使いもポイントのひとつ。
正面の見上げです。バルコニーに3本のスリットを入れることで、外観に表情が出ました。
エントランスは外観と同系色のタイルを敷き詰めて。
曲線が優しく個性的な印象の玄関です。
内部の玄関ドアはツーロック式。共有部分の壁は外観の印象のまま、温かみのある色で。右のドアを開けると…。
各戸の専用物置になっています。
入居者は下に降りる煩わしさが無いので、収納の一部として便利に活用できます。では中へ入ってみましょう。
玄関には上下にスペースを空けた下駄箱が。下はブーツ置き場やドライフラワーを飾ったり、上は鍵置き場や小物のディスプレイ場所として、使い方は自由自在。
下駄箱を開けてみると、靴が取り出しやすく斜めに収納できるようになっています。薄型の秘密はここにあり。
部屋に入ってきました。
左奥が水回りエリアです。正面の引き戸を開けると…。
寝室としてもう一つ部屋が登場。戸は壁にすべて収まるので、このように使うと開放感のある広がりが。
ドアの取っ手にもこだわりが。つや消しのシルバーでシンプルかつ、直線的なデザインをチョイス。
リビングの見返しです。南向きで日当たりは抜群。右手にはキッチンが。
キレイな青色のキッチンは白い室内に良く映えます。壁面は掃除のしやすいパネルを貼ってあります。手前カウンター上部には水ハネや汚れにステンレスを貼りました。
正面は冷蔵庫スペース。右側は洗面と浴室エリアです。
洗面台はシャンプードレッサーで。入り口が引き戸なので、ドアが邪魔になることもありません。
洗濯機スペースと浴室。浴室は乾燥機能付きなので、仕上がった洗濯物を動くことなく、すぐに干すことが出来ます。
キッチンはセミ対面式で、洗い物をしながらテレビを見たりなど、リビングとのつながりを感じることが出来ます。
寝室に入ってみましょう。
左手は収納になっています。開けてみると…。
大容量のクロゼットに。折り戸なのでベッドが邪魔をして開かない、なんていうこともありません。
見返すと縦へと広がる部屋の様子がよく分かります。敷居の段差もありません。
オレンジのラインが全体を引き締めています。周辺ではちょっと目立つ、華やぎ感のあるマンションになりました。
オリエント建設株式会社
〒005-0841
北海道札幌市南区石山1条
7丁目27-7
TEL:011-594-2066
FAX:011-594-2788
TOPへ戻る