本文へ移動
白いタイルと黒の直線で構成されたモダニズム建築は、通る人の目を惹きます。
敷地の角には、入居者のための駐輪場を設置。
ビアンシリーズの「ビアン(BIEN)」とは、「GOOD」と「美庵」の意味です。
入居者の郵便受けはタイルでデザイン的に。
右手には宅配ボックスも設置。
中の階段は腰壁がなく、とても開放的。光が廊下に行き渡ります。全体にシックな色調でまとめ、高級な印象を受けます。
玄関ドアはツーロック式。外観と合わせたモノトーンで。
ドアを開けると、正面には下駄箱、その奥に真っ白なリビングが広がります。下駄箱の扉を取りのぞき、オープンにしたことで広く感じ、使い勝手も良くなりました。
真っ白な空間に白いスポットライトを標準でつけました。もちろん好きな照明も付けられます。
パーテーションの奥は寝室スペース。建具がない広々とした空間がビアンシリーズのウリです。
寝室からリビングを見返した様子。上部が空いているので圧迫感がありません。見えすぎない程良い仕切り感が暮らしにメリハリを。
クロゼットの扉をつけずオープンにすることで、使い勝手がアップ。
上段は飾り棚や収納場所として。
リビングから見返した様子。右は玄関、左がキッチンです。
建具ではなく壁が、それぞれのスペースを造っています。
あくまでもシンプルに、無駄なものをそぎ落とした美しいキッチンです。シンクと水栓のデザインにもこだわりました。外観のデザインの流れをくみ、直線とスクエアを意識。
キッチン天井には埋め込みのダウンライトを。下の収納はキャスター付きの可動式です。その奥には水回りが。
洗濯機スペース横にはまるでホテルのような、薄緑色の半透明のドアが。部屋の中で唯一の扉です。
ビアンシリーズは特に、水回りに特徴をおいています。
開けてみたこの空間の主役は、なんといっても猫足付のバスタブ。優雅なバスライフを満喫できます。
下までのシャワーカーテンとわずかな段差を設けているため、水が洗面台の方にまで来ることはありません。
シャワースペースもゆったりと。シャワー金具もお洒落なものをチョイス。
視線をうつすとお洒落な洗面所が。洗面台や水栓のデザインにこだわり、ドアに合わせた色のガラスの棚を付けました。毎日使う水回りだからこそ、ホテルようなアメニティ空間に。
天井近くにはタオルやシャンプーなど、小物を収納するのに便利なスペースを用意。左は入ってきたドアです。
バルコニーをたどる黒のラインがデザイン的で、シャープな印象を与える外観です。
オリエント建設株式会社
〒005-0841
北海道札幌市南区石山1条
7丁目27-7
TEL:011-594-2066
FAX:011-594-2788
TOPへ戻る